事業案内

SPD

一般的に、診療材料の在庫管理を主とした仕組みがSPDとされていますが、病院内ではその他にも多くの『モノ』が頻繁に動いています。

弊社は、診療材料の搬送・供給・管理業務だけではなく、病院内で流れている全ての『モノ』と『情報』を一元的に管理する方式を推奨しております。その理由として下記が挙がります。

  • 医療従事者から物品管理業務時間を削減
    本来業務に専念
  • 物品物流のルールが標準化
    在庫量・保管環境・搬送動線・蓄積情報が明確化
  • 業務の集約化
    管理業務に従事する人材(委託費)の有効活用

運用上の利点だけではなく、日々の管理で得られたデータは、分析することで病院経営に直結する情報となります。
『誰が、いつ、どこで、何を、なぜ、どのように、いくらで』(5W2H)を病院内管理業務に反映させ、より良い病院運営を支援します。

【診療材料&消耗品】物品物流管理

診療材料を管理する方式は病院によって全く異なります。病院に最適な運用方式の提案から稼動までを手掛けます。

詳細はこちら

【鋼製器具】洗浄消毒滅菌

院内で使用した鋼製器具(器械)を最適な手法を用いて洗浄・消毒・滅菌を行い、次の処置で使用する器具を清潔な状態で供給します。

詳細はこちら

手術室支援

手術室スタッフが従来行っていた術前準備・術後片付け業務を弊社スタッフが支援します。手術室スタッフは、患者さんへの術前・術後訪問等に専念することが可能です。

詳細はこちら

【医療機器】ME機器管理

医療機器管理専門部署として、臨床工学技士と連携を密にし、情報の集約と適正使用推進の啓蒙を行うことで、医療提供環境構築の支援を行います。

詳細はこちら

物品物流管理システム

物品別で管理方法に特徴があるため、運用に適したシステムが必要不可欠ですが、高額なシステムが全て最適というわけではありません。必要な機能と必要な運用の双方を組み合わせることで理想的な管理が実現されます。弊社のシステムはそういった視点で開発されました。

詳細はこちら

医療機器選定支援

近年では技術の進歩により多種多様の医療機器が流通しており、選定には多くの時間と労力が必要になります。医療機器に問わず物品の購入において価格と性能のバランスは相反しており、安価で機能を下げる場合や高価で高い機能を求めるかのどちらかを日常的に選択しており、医療機器においては一つひとつが高額であることから比較検討および選定理由が重要になります。

弊社は、選定に必要な情報(設置環境・要求機能・製品情報)の収集を行い、病院様の要求を満たす医療機器選定の支援をしております。

ポイント

  • メーカー一次代理店の押し売りではなく、代理店を持たないメーカーも含めた比較検討。
  • 長期間使用する製品の購入であるため、維持費等(消耗品・保守点検)の情報も含めた検討。
  • 搬入廃棄計画、設置工事立ち会い、本稼動立ち会い
  • 稼動後のフォロー