物品物流管理

【診療材料&消耗品】物品物流管理

診療材料を管理する方式は病院によって全く異なります。病院に最適な運用方式の提案から稼動までを手掛けます。

院内で使用する診療材料や消耗品の発注・入荷・在庫管理・払出し・棚卸等を行い、過剰在庫にならない管理を行います。また、使用情報を分析して、購入と使用のバランスを検証しながら適正稼動を推進します。診療材料や消耗品の在庫管理を主とした業務ですが、自主運営と外部委託、院内倉庫と院外倉庫、病院在庫と預託在庫、病院所有システムと持ち込みシステム等、運用方式を確定するまでに多くの分岐があります。弊社は多くの方式を経験しており、その経験から導入する病院にとって最適な運用方式を提案します。既に導入している病院には、適正な運用がされているか検証を行います。
近年では主流となった預託方式では、医療機器販売企業と協議して、安定供給を前提とした交渉を実施します。