スタッフブログ

社員日記

稲庭うどん手作り体験

みなさん、稲庭うどんはお好きですか? 
私は日帰り旅行がてら、何回か秋田県湯沢市まで稲庭うどんを食べに行ったりしています。
今回は手作り体験に行ってきました。

改めて、
稲庭うどんは、香川県の讃岐うどん、群馬県の水沢うどんと並ぶ

日本三大うどんの1つで、秋田県湯沢市稲庭町で作られています。
江戸時代中期には作られていた文献があるそうです。

 

作業工程は、製品として完成まで4日かかるそうです。

 稲庭うどんの原料は、小麦粉食塩水だけ。
  

それを混ぜて練って伸ばして寝かして伸ばして寝かして伸ばし乾燥して裁断。

本場の稲庭うどんは、ひやむぎよりやや太め位なので、細く長く伸ばすために寝かしの工程が必須だそうです。


 

体験できるのは、2日目と3日目の工程です。
 


 

 

棒状の生地を2本の棒に綯いながら「8」の字を描くように巻き付け、

少し休ませた後、3倍位に伸ばし、一晩寝かせます。

 

生地は熟成を重ねているので弾力が出て、前日の工程で30センチ程の生地を2メートル位に伸ばしていきます。
生地が爪楊枝くらいの細さまで伸ばして、作業終了!

  
体験で作った稲庭うどんは、後日職人さんが乾麺までにしてくれて発送してくれます。
自分が作った稲庭うどんが食べられるって良いですよね。

体験後には、お土産で稲庭うどんのB級品の詰め放題ができます。


秋田県の人は、小学生の時に学校行事で一度は手作り体験しているらしく、

小さいお子さんでも楽しくできる体験です。

栗原市から3時間ほどで秋田県湯沢市に着くので、是非気になった方は行ってみて下さいませ。


        

以上、総務経理部 Nでした。