スタッフブログ

社員日記

鬼は外

一日過ぎましたが、二月二日は節分です。

皆さん歳の数だけ豆食べましたか

節分といえば鬼、鬼といえば鬼退治でしょう

そんな鬼退治の思い出話を一つさせていただきます。

 

コロナで騒がれ始めるかどうかの頃、

子供たちとそのお友達と公園へ遊びに出かけました。

 就学児になる予定の子供たちと、その弟分たちとの公園遊びといえば

“鬼ごっこ”です。

そして、付き添いの親がやることと言えば鬼の役割しかありません。

例に漏れず、私も子供たちを追いかけまわしてました

ちびっこと大人では、すぐ追いつかれるので子供たちもあの手この手で

逃げ回ります。

 

すると、玩具のブーメランを持ったダンシィが向かってきました。

「いやいや、それは鬼ごっこでは反則だよ

と思い待ち構えていると、

 

 

 

『水の呼吸!壱の型!!』

(画像はイメージです。実際の効果とは異なります)

一閃

 

鬼、斬られました…

呼吸を出されたら鬼はやられるしかありません

その後も立場は逆転し、色んなで切られ続け……鬼は息も絶え絶えでした。

 

令和の鬼ごっこは、鬼が逃げる遊びになる様です

節分いらないなと思う、仙台市内勤務のTでした

さて、季節も変わることですし、お雛様を出しましょうか。

桜 桜