スタッフブログ

社員日記

nostalgic

先日、Yahooニュースの片隅の小さな記事が目に飛び込んできた。

″〇〇〇〇、肺がん公表”

 

名前を聞いても、“その人、ダレですかはてな”という方が大半だろう・・・     (なので名前は伏せておきます)


その人は、遥か遥か昔、私が JK だった頃に恋焦がれた、とあるバンドの     G&Voをしていた方である

きらきら きらきら

時と共に私の熱が冷めていき、次第に彼らの曲を聴くことは無くなっていった。

その後、バンドも解散してしまった

 

今回このニュースを見た後、なんとなく胸のあたりがザワザワ・ムズムズして、

YouTubeで過去のLIVEやMVを延々と見続け、ノスタルジックな時間を過ごしたりした。 はあと はあと

当たり前だが、当時の服装や髪型・野外ライブでの周りの風景の変化などを見ると、長い長い年月が流れていることを改めて感じる。

そして画像を検索して最近の写真を見ると、棘が無くなり柔らかい表情になった あの方を久しぶりに見る事が出来た。

当時は “目が合ったら〇される“ とまで言われた鋭い目つきが柔和になり、   若いころの動画を見た後からか、少し複雑な心境になった。

(こちらも年を取るはずである

 

現在は治療に専念しているとの事だが、

どうかどうか、病気を克服して音楽の世界にまた戻ってきて欲しい。

心から願っています

 

以上、仙台市内の病院に勤務しているNでした。