スタッフブログ

社員日記

『春』+『桜』+『酒』=『花見』

武家屋敷のしだれ桜

社員日記をご覧の皆様、やって来ました季節は春。

寒さと温かさが入れ替わる今日この頃、いかがお過ごしですか。

 

早速ですが、『春』と言えば『桜』。『桜』と言えば『花見』。

『花見』と言えば『酒』。

当たり前のように連想される言葉ですよね。春には欠かせない恒例行事。

ならば、ここで美味しいお酒を紹介しま~す・・・っと言いたいところですが、

それは置いといて、東北にはたくさんの桜の名所があります。

そこで今回は、東北六県の桜の名所をを一部紹介したいと思います。

 

―青森県弘前市 弘前公園―

日本最古のソメイヨシノ。東北で唯一現存する江戸時代建築の天守、弘前城。

本丸、外濠、内濠、そして公園全体が桜に染まるその姿は圧巻。

 

―岩手県北上市 北上展勝地―

北上川沿いに約2kmにわたり、樹齢約80年のソメイヨシノの桜並木。

桜のトンネルを優雅に歩くすばらしさ。

 

―秋田県仙北市 角館武家屋敷―

城下町として栄えた、「みちのくの小京都」。

藩政時代の面影が色濃く残る、武家屋敷のシダレザクラ。

桧木内川の堤沿いに咲く約2kmのソメイヨシノの桜並木。

古都ならではの情緒と北国の春の息吹を堪能。

 

―宮城県柴田郡 船岡城址公園―

1300本以上の桜があり、白石川堤一目千本桜と共に宮城県内で唯一

「日本さくら名所100選」の地に選ばれている。

 

―山形県鶴岡市 鶴岡公園―

園内には約730本の桜があり、「日本さくら名所100選」にも選ばれる。

また、四季を通して美しい花々が咲く。

 

―福島県会津若松市 鶴ヶ城公園―

日本で唯一の赤瓦の天守閣に、約1000本のソメイヨシノが映える。

「日本さくら名所100選」にも選ばれる。

 

紹介した以外にも、まだまだ東北には桜の名所がたくさんあります。

是非、今年の春の花見に、ドライブがてら行ってみては如何でしょうか。

車の運転にはくれぐれも気を付けて!・・・あっ!飲酒運転はダメですよ~

 

《酒は呑んでも呑まれるな》

 

以上、仙台市内の病院に勤務してます、鎌田でした。